• HOME>
  • よくある質問

よくある質問

初めて漆喰をDIYで塗ろうとするときには、
「本当に自然素材100%なのかな?」 「どんな壁でも塗れるんだろうか?」 「DIYで失敗しないためにはどうしたらいい?」 などの不安や疑問がたくさん浮かんできます。今までにみなさんに
いただいた質問をこちらに載せておきますのでご参考にしてください。

下地について

どんな壁でも塗れますか?

ビニールクロス・石膏ボード・砂壁・京壁・じゅらく壁・繊維壁・土壁・モルタルなどに直接塗ることができます。

※特殊加工・防汚されたクロス・汚れ・カビがある壁は、剥がす、またはガードシーラー塗りなど処理が必要です。

手順は、

① 壁を掃除する
② 1回目塗って下地を平らにします。
③ 2回目1mm~2mmくらいの厚みで好みの塗り跡をつけながら仕上げ塗りをして完成です。

木・ベニヤ板は、アクが染み出てくるので、ガードシーラーを塗ってアクを止めて塗ります。

その他にも、「この壁は?」と思ったら迷わずメールかお電話でお聞きください。詳しくご説明します。

※ビニールクロス以外の壁は、「専用下塗り材」を塗ると伸びがよく、もっと塗りやすく、使う漆喰の量をおさえることができます。

プロに相談するとビニールクロスや砂壁などは
剥がしてから塗ると言われたのですが?

基本的に剥がさなくても塗れます。

※特殊加工・防汚されたクロス・汚れ・カビがある壁は、剥がす、またはガードシーラー塗りなど処理が必要です。

ロハスウォールは、ビニールクロス、砂壁、繊維壁などの既存の壁の上に塗れるようにつくってあります。

もちろん剥がして塗っていただいてもいいです。

その場合は、化学合成樹脂製品による下処理が必要となります。壁紙は剥がすと産業廃棄物になりますので、その分費用と時間がかかります。下地として使えるなら使いましょう!そのほうがエコですね。

漆喰を塗るとビニールクロスはなぜはがれないのですか?

漆喰は乾いて固まると石灰岩、つまり岩になります。

ビニールクロスのほんの小さな隙間にも漆喰が染み込んで、石灰岩で既存壁をコーティングした状態になり、サンドイッチされた状態になります。結果、クロスは剥がれなくなるわけです。

砂壁のようなポロポロ落ちてくる壁を塗ってキレイにしたいのですが?

まずは霧吹きでシュッシュッと十分に水をかけ、下地のあたりからボコッと剥がれてこないことを確認してから塗ってください。

砂系の壁のうち、水をかけて下地のあたりから剥がれる壁は、漆喰を塗っているときに水分を吸って剥がれてくることがあります。剥がれないことを確認すれば塗れます。

手順は、

① 霧吹きで水をかける(伸びをよくするため)。
② 『専用下塗り材』を塗る。
③ 仕上げの本格漆喰、またはカキ漆喰を塗る。

※砂系の壁は、水分を取られるため、仕上げの漆喰だけで2回塗りをしようとすると、倍の量がかかることがあります。『専用下塗り材』を使ったほうが楽に塗れ、仕上げの漆喰が伸びるので金額的にお得に塗ることができます。

塗って乾いた後、ポロポロ落ちてきたり、剥がれてきたりしませんか?
手や服に着いたりしませんか?

本物の漆喰は、乾くと石灰岩、つまり岩になるので手に付いたり剥がれたりしません。

クロスやペンキなどの化学性樹脂を使っているものは、寿命がくると吸着力がなくなるため、剥がれた場面をよく見ます。

漆喰は、炭素と結合する炭酸化運動という化学変化によって岩に変わってゆきます。樹脂やスサなど、結合をジャマする余計なものが入っていなければ、洞窟の壁と同じように純粋な岩になります。結合が進むまでの1,2か月くらいは触ると手に付くこともありますが、その後は、擦っても手や服に付くこともありません。

カビが生えてしまったところをキレイに塗りたいのですが?

カビを除去し、ガードシーラーを塗りってから塗りましょう。

カビの根は深く、除去剤を使って除去しても菌が残っています。菌が残っていれば、いくら漆喰と言えど、乾いた後にカビが下からジワジワと出てくることがあります。ガードシーラーを塗ってカビが出てこないように覆ってから塗ってください。

ヤニ・油染みの壁に塗ってキレイにしたいのですが?

まずは汚れを掃除でキレイにして、1回目の塗りをしてみてください。

① 1回目の塗りが乾いて、汚れが染みだしてこなければ、仕上げの本格漆喰、またはカキ漆喰を塗って出来上がりです。
② 1回目の塗りが乾いて汚れが染みだしてくるようなら、染み出したところへガードシーラーを塗り、汚れを止めてから仕上げの本格漆喰、またはカキ漆喰を塗って出来上がりです。

塗ったあとの漆喰の壁は、静電気が起こらないのでタバコのヤニが付きにくいです。

木・ベニヤ板に塗りたいのですが?

木・ベニヤ板に塗る場合は、ガードシーラーと『専用下塗り材』をお使いください。

木やベニヤ板は、アクと呼ばれるポリフェノールが染み出てきます。体に害はありませんが、染みが浮いてくると見栄えがよくありません。止めるためには、『専用下塗り材』を何回も塗り重ねるか、ガードシーラーで覆うしかありません。

手順は、

① 『専用下塗り材』を塗る。
② 乾いた後、アクが出てきたところにガードシーラーを塗る。
③ ガードシーラーが乾いてから、仕上げの本格漆喰を塗る。

※アクが染み出てくるたびに重ね塗りをします。

『専用下塗り材』はどんなときに塗るんですか?

具体的には、
・砂壁・じゅらく壁・繊維壁・石膏ボード※ベニヤ板など水を吸う壁の上に塗る場合
・完成度を上げる場合
・パテ材として溝や穴を埋める場合
・ファイバーテープを貼る場合    などです。

『専用下塗り材』は漆喰の配合を変えたもので、仕上げの本格漆喰の乾き方を調整するためのものです。つまり、完全自然素材で漆喰の性能を保ちつつ、仕上げを塗りやすくさせる材料です。

本格漆喰を2回塗るうち、1回目の塗りを『専用下塗り材』に変えるだけで仕上げの本格漆喰が伸びやすく、塗りやすくなります。「水をよく吸う乾きやすい壁」に使うと、ますます仕上げがキレイに伸び、塗りやすく、本格漆喰の量が減るので、結果、金額的にもお得になります。

本格漆喰よりも少し粗目なので「溝や穴が開いたところを埋める」ことが簡単で、「ファイバーテープを貼る」場合にはテープが透けないため完璧な仕上がりになります。

最初にトイレを塗って練習しようと思っています。アドバイスありますか?

当店では初めて塗る場所にトイレをオススメしていません。

なぜなら、トイレは狭く、水のタンクも少しジャマ・・。初めてで塗る動きになれていないときに体の動きが制限されると予想以上に難しく感じます。

練習であればお客様があまり入ってこないクローゼットや寝室から塗り始めるのがオススメです。

塗るのに慣れたら、次はトイレに挑戦してください!

天井も塗れば一瞬で消臭できる!

天井の塗りについて

天井を塗るのは難しいイメージがあるのですが、自分でできますか?

天井は皆さんが思っているよりも簡単です。

天井は障害物がありません。しかも壁と違い、コテで漆喰をすくい、そのまま天井に漆喰をつけるだけです。初心者で多いのは、コテですくったあと、ゆっくりしすぎていつの間にか落ちてしまうというケース。「とれたかな?」と確認したい気持ちを抑え、すくったら素早くペタッとつけましょう。

天井を塗るコツは、コテの持ち方足場(脚立)の高さです。

コテを手の甲の上で持ち、自分の額から前にむかって鏝を押し進めてから戻すように塗る。
・自分の頭の上は塗らない。(目や頭に落ちてくるから)
・自分が天井を塗って力が入りやすい高さに足場(脚立など)を合わせる。

天井は、初心者の方でも「障害物がないから塗りやすい」と言っている方も多いです。

詳しくはどうぞ動画をご覧ください。

漆喰を天井に塗った直後落ちてきませんか?

落ちません。

ロハスウォールは海藻のりの配合が多く、柔らかいのに粘りがあります。一度天井に塗ると垂れてきたり、落ちたりはしません。塗るときは、天井に塗り付ける前の、コテから垂れてくることに気をつけましょう。

珪藻土との違いについて

漆喰と珪藻土って何が違うのですか?

漆喰は石灰岩を主原料としますが、珪藻土は珪藻という藻の殻の化石が土になったものが原料となります。

漆喰の原料である消石灰は、「調湿」「消臭」「防カビ」「抗菌」「シックハウスの原因物質の分解」などの多機能を持っています。余計な材料(樹脂やスサ)が入っていなければ、その機能も高く、空気中の二酸化炭素と結合することにより固まり、固まると元の純粋な石灰岩に戻って行きます。

一般的に、珪藻土は土ですので吸い取る機能、「調湿性」などに優れています。珪藻土だけでは「調湿」「消臭」「防カビ」「抗菌」「シックハウスの原因物質の分解」の機能はありません。なので、時間が経つとニオイが戻ってしまうものや、カビが生えてしまうものもあります。そして、珪藻土だけでは固まることはできず、何かで固める必要があります。大切なのは、「珪藻土を何で固めているか」です。

※ロハスウォールには、漆喰で固めた珪藻土シリーズもあります。「自分の家にはどちらが向いているか」が気になる方はご相談ください。

自分で塗ることについて

一度も自分で塗った経験がなくても漆喰を塗れますか?

ロハスウォールは誰でも簡単に塗ることができます。

「漆喰は塗るのが難しい」とみなさんからよくお聞きしますが、そんなことはありません。漆喰を塗るのが難しいとなぜ言われるか、それは、粉から練って作ることから始めたり、固い漆喰を練り返したりと、塗る前から大変な作業をするためです。ロハスウォールは、1箱ずつ練り返し、工場から直送します。柔らかい状態でだれでもすぐに塗り始められるのでとても塗りやすいです。

ご心配な方は、まずは初心者向けのチューブタイプをお試しください(道具もセットになった『ビギナーズお試しセット』もございます)。チューブタイプは、揉んでコテに直接のせて塗るだけなので、道具も少なく用意・片付けも簡単です。

何かわからないことがあれば、電話やメールで詳しく塗り壁コンシェルジュ、インストラクターがご質問にお答えいたします。

もしも、新築やリフォームで、広範囲を塗る計画がある方は、家一軒まるごと塗り壁DIY教室』(毎月開催)や『家一軒まるごと塗り壁DIY個別相談』(予約受付)にいらしてください。塗りについての基礎知識から実践的なテクニックをお伝えしています。疑問や不安が自信に変わります。

塗る当日に、専門の『塗り壁インストラクター』があなたと一緒に塗るコースもあります。

予算をあまりかけたくないのですが。

自分で塗ると金額がプロ施工の1/5~1/3になるのでお得です。

壁紙(クロス)はメーカー保証が5年~8年で接着剤が古くなると剥がれます。

「漆喰は高い」印象をみなさん持っていますが、ロハスウォールを自分で塗れば、金額は普通の壁紙を貼ってもらう金額と同じくらいです。

しかも、時間が経てば経つほど頑丈になり、10年以上長持ちしますので、費用対効果も抜群です。

途中で嫌になったらどうしよう・・

塗っている最中は、ひと言で言うと“無心になれる時間”です。

みなさん自分で塗ったことがないときは、
「すごく時間がかかりそう・・」「本当に最後までできるんかなぁ」と
不安で完成イメージが湧かず、自信がなくなります。

でもいったん塗り始めると、それまでの心配や不安がウソのように消えてなくなる。
途中で嫌になるどころか、楽しくなってきて他の事を一切忘れてひたすら塗り続けて時間を忘れるほど。
「あっというまに時間が経って」「漆喰が生クリームみたい・・おいしそう・・」「・・・・あ、今何も考えてなかった」とみなさんいろいろですが、とにかく集中することがストレス発散になる。

塗れば塗るほど、コツが分かってきて「プロでなくても塗れるんだ」と実感します。
漆喰は質感が素晴らしい素材です。塗るときに養生さえキチンとすれば、漆喰の素材感が3倍キレイに見えます。
終わってみると「けっこう私ってうまいかも・・」なんて。

きっと途中でも、塗り終わってからも、もっと塗りたくなりますよ。
塗ったみなさんの感想を見てくださいね♪。

家族にDIYを反対されています。

家族にとって家はこれから一緒に住む大切な空間。大切な場所だからこそ「もし失敗したら・・」と心配だから反対します。

「本当に自分で塗れるの?」「どのくらい時間かかるの?そんな時間ない」
「大変だって聞いたよ?最後までできないよ」「キレイに塗れなかったらどうするの」

初めてやることに様々な不安はつきもの。まして見たこともないならそう思うのもしかたない。では、どうやって家族に賛成してもらうのか?
その答えは、あらゆる情報を教えてあげることです。

塗り方、使う材料、必要な道具、どこを塗るのか、いつ塗るのか、塗るのにどれくらい期間がいるのか、実際塗った人の話etc・・。
ロハスウォールでは常に担当が付き、いつでもお電話やメールでサポートします。
必要であれば現地で一緒に塗る塗り壁インストラクター派遣もあります。「今聞きたい!」と思ったことがすぐに聞けるということだけでも安心ですよね。

そんな自分が仕入れたのと同じ情報を全部ご家族にも教えてあげましょう。
すると、あら不思議・・・知れば知るほど「へぇ~、すごくいいものじゃん」「これだったらできるな」とだんだん反応が変わってきて「ちょっと塗ってみようかな」なんて話になってきます。あなたがきちんとした情報を集め、どれだけ本気で塗ろうとしているか分かれば、家族も反対しないでしょう。

“自分達の家を自分達で創る”という、今しかできないかけがえのない経験であることをしっかりと伝えて下さい。「今塗らなければあとあと後悔する」「家族のために塗りたい」「一生住みたい家を創りたい」という気持ちをしっかりと訴えてみてください。

新築で自分で塗ろうと思ってますが、工務店さんに反対されています。
どうしたらいいでしょうか?

工務店さんは家を建て、早く問題なく完成させることがお仕事です。
ご安心ください。まずは当社にご連絡ください。

工務店さんの中には、塗りやDIYの経験・知識がなく、
「自分で塗ると結局高くつくよ」「大変だよ」と答えるところがあります。
そういった工務店さんの気持ちは、

・「したことないし、聞かれてもわからないことはちょっと・・」
・「途中でやめたいっていわれたら困る」
・「何か面倒そう・・」

と、心配しています。
あなたが家族や自分のために本当に塗りたいことを伝え、
DIY専門の私たちが最後まで(道具、材料、塗り方指導、メンテナンスetc・・)バックアップをすることが確認できれば「これなら塗っても問題ない」と工務店さんも安心です。
そのために伝えていただく内容は次の5つです。

① まずはカタログを見せて、「ロハスウォールを自分達で塗りたい」こと。
② ロハスウォールが塗り壁材の製造から販売、DIYの指導まで全て専門で行っている会社であること。
③ ロハスウォールは大手ハウスメーカーさんや建築士さん達からも指定で使っていただいている製品であること。
④ 工務店さんから辻建材にご連絡していただければ直接詳しくご説明させていただくこと。
⑤万が一、時間や技術の関係上、自分達で塗りきれない場合のサポートもあること。
 (※対応地域は、メーカープロ施工地域に準じます)

初めてだと当然困ったり、どうしたらいいかわからなくなることも出てくるでしょう。それを応援していくのが私たちのロハスウォールです。

以上をお伝えいただければと思います。
あなたが本当に塗りたいことを伝えれば、良い工務店さんなら、きっと協力してくれます。どうせ建てるのなら、人の意見でなく、あなたが後悔しない家を追求しましょう。

新築相談ページ
『家一軒まるごと塗り壁教室』ご案内ページ

「自分で塗りたいのですが、そんな時間が足りないかも・・。」
どうしたらいいですか?

ご安心ください。ロハスウォールではメーカーによる施工で解決できます。

・少しは自分が塗れるところがある場合
 →できる場所だけ自分で塗り、
  『メーカー施工』組み合わせるプランがあります。
・まったく時間がない!という場合
 →デザインプランから塗りまでも含め、『メーカー施工』をご依頼ください。
  日本で最高レベルの職人による完璧な塗りをお約束します。

対応エリア【東京・神奈川・埼玉・千葉・岡山近県】の1都4県です。
※エリア拡大中です。上記以外の地域の方もまずはご連絡ください。

補修・メンテナンスについて

せっかくキレイに塗った壁が汚れたらどうしよう

何か擦った汚れ程度であれば消しゴムで擦ると消えます。

コーヒーなど食べ物の染みは数日で消えます。
早くキレイにしたい場合は、重曹をお湯に溶いて、タオルや布にしみ込ませてトントンと汚れを軽く叩いてみてください。硬化して中性化された面をもう一度アルカリ性に戻すと汚れも落ちます。もっと強力なものですと、台所用漂白剤(キッチン○イターなど)で汚れが落ちます。

薬品など、どうしても落ちない汚れはサンドペーパーなどで削って、残って保存している漆喰を上から塗りましょう。そのあと塗った場所と塗っていない場所の継ぎ目をサンドペーパーで削ると目立たなくなります。

塗った後、漆喰壁の掃除はどうしたら良いですか?

漆喰の壁は静電気が起こらず、ホコリや花粉、汚れがつきにくいです。

基本的にあまり掃除をしなくても、静電気を起こさないため、ホコリや花粉などはくっつかず、床に落ちます。掃き掃除、拭き掃除などしたい場合は、塗って1週間くらい経ってからできます。塗ったあとすぐは、固まりきっておらず、壁を傷つけることがあります。

塗った後、失敗したらどうしたらいいですか?

漆喰は二酸化炭素との反応によって固まるまでに時間があります。
固まる前にコテなどで修正してください。

乾いた後であれば、サンドペーパー#600~#800あたりで段差を削って修正してください。
それでも納得いかない場合は、『専用下塗り材』を使い、壁一面を上から塗り直しましょう。

塗った後、シミが出てきたんですがどうすれば良いですか?

ガードシーラーを塗り、仕上げに漆喰を塗ってください。

自然素材では、ヤニ、カビ、シミや汚れは、止めることができません。ガードシーラーをしっかり塗って出てくるのを止めたあと、もう一度漆喰を塗ればキレイになります。

色について

開封したものが色違いですが

漆喰はペンキとは違って乾くと色が薄く変わります。

練った状態では色が濃い状態になっているので心配であれば何かに塗って乾いた状態を確認してみてください。
もしも、こちらの手違いで送られてしまったものはすぐに交換させていただきます。

塗ったら色ムラになっています

完全に乾くまでは色が落ち着きません。早く乾く部分と遅くなる部分に分かれるのでムラに見えます。

だいたい一晩(冬や湿気の多い時は時間がかかる)で乾くかと思います。
乾くあいだに心配される方もいらっしゃいますが、どうぞ自然に乾くまでの時間、味わいの変わりゆくさまを楽しんでください。

※寒い時期は、白華(白くなる)現象を起こす事がありますので、
1、2か月経っても色ムラがあり、ご心配な方はご連絡ください。

自然素材について

他社の自然素材の漆喰と何が違うのですか?

違いは、岡山県産の「完全な自然素材100%」の素材で作られているところです。

自然素材と言っていても、『F☆☆☆☆(フォースター)』が付いている製品は、ビニールクロスと同じように、ホルムアルデヒドを発散させる化学物質が入っているものです。

つまり原料が自然素材であっても、自然素材100%ではありません。

ロハスウォールは建材試験センターで「自然素材のみでつくっていて木の無垢材と同じなので試験できません」と言われた正真正銘の自然素材です。

お客様の中で、「20社以上(電話をしたり、カタログを見たりして)調べたんですが、まったく入ってないのはロハスウォールしかなかったです!」と言って使って下さった方がいらっしゃいます。

資料では見づらくなっていたり、ネット上では表示していないところもあるのでご注意ください。

なぜ樹脂製品が出回っているのですか?

自然素材しかなかった時代とは違って、格安でつくれる接着剤を入れると安くつくれます。

しかもペンキのようなものなので色むらの心配も少ない。
入れると塗りやすくなるとも言われます。自然素材の特性をわざわざ説明しなくてよいので、ホームセンターや知識のない人でも誰でも売りやすい。だから出回るわけです。

食べ物と同じで良い自然素材だけで良い材料をつくると手間がかかり、材料代(コスト)が高くなります。また、塗る方に自然素材の特性を説明し、理解していただかなくてはなりません。
樹脂が混ざっていても「原料が自然素材」と言われ、樹脂が入っていると知らずに購入する方も多いです。最近はプロでさえ、「これは自然素材だと思ってた」と勘違いしている商品も多いですね。

自然素材だけでつくっているなら他社より高いはずなのに安いよね、
怪しいんじゃないの?

完全自然素材で良いモノなのに安い3つの理由

①ありがたいことに、工場のある岡山は、漆喰の原料の消石灰も良質で豊富で世界に輸出されるほど。輸入する必要もなく、材料を運ぶコストが少ない。
②ロハスウォールは全て、弊社の工場で製造し、お客様へと直接販売。一般に売られている
他社の製品のように商社や代理店などを一切入れず、中間マージンをカット。
③しかも広告はネットのみ。ロハスウォールを見つけた方は、ネットを調べ尽くした方か、とってもラッキーな方です。

「つくる」「売る」と、使う人のため、全てを単純にした結果、完全自然素材でもリーズナブルなご提供を実現できています。

なぜロハスウォールを家に塗るといいの?

漆喰を塗ると得られる効果は次の7つです。

①調湿効果がある。
 漆喰は、湿気を吸収し、乾燥したときは水分を出してくれます。
 つまり結露を防ぎ、カビやダニが発生しにくい環境をつくれます。
 体感温度も2~3℃変わって過ごしやすくなり、エアコンも効きやすくなります。

②消臭効果がある。
 強アルカリ性でタンパク質を分解するので部屋のニオイをあっという間に消臭します。
 トイレもすぐにニオイが消えるので誰が入ったかわかりません。

③殺菌作用がある。
 業界でもトップレベルのph12.52の強アルカリ性でカビ菌や細菌の細胞膜を溶かし、
 殺菌します。カビ菌や病原菌の発生・繁殖しにくい環境にします。

④ホルムアルデヒドなどを吸収・分解する。
 シックハウスの原因の化学物質ホルムアルデヒドを吸収して分解します。
 化学式でも証明されています↓
化学式の図

⑤耐久性がある。
 漆喰は空気中の二酸化炭素と反応して硬化して洞窟の壁である石灰岩に
 戻っていきます。
 岩になるので100年以上の耐久性があります。

⑥メンテナンスが楽。
 強アルカリ性でタンパク質を分解するのでコーヒーなどがかかっても時間が
 立てば自然に消えます。取れにくい汚れは、重曹をお湯に溶き、汚れたところに
 染み込ませたり、台所用漂白剤を染み込ませるとよく消え、除菌もできます。
 無機質な汚れは消しゴムでこすって消します。
 消えなければ、削る・上から塗るということもできます。

⑦デザイン性が良い・部屋が明るくなる。
 漆喰の質感は家具や小物の雰囲気を素晴らしく映えさせます。
 原料の消石灰は結晶から成り、光を乱反射するので、部屋が明るくなります。