漆喰・珪藻土について

珪藻土の塗り方とパターン(模様)の種類とは

珪藻土にはどんな種類の模様が出せるの?
その塗り方について書きました。
 (珪藻土塗りは大人も笑顔になる楽しさ 笑)
珪藻土壁は人気ですが、その模様はどうやって塗っているのか、塗り方を知っていますか?
職人さんに任せるにしてもDIYで塗るにしても、珪藻土のいろんな塗り方や工程、模様の種類をあらかじめ自分で知っていた方がいいですよね。
そこで珪藻土のパターンをまとめました。

珪藻土にはどんな種類のパターンがあるの?

珪藻土にはいろんな模様が付けられています。
この模様のことを業界では「パターン」といわれ、種類が数え切れないほど、めちゃくちゃ多いことも知られていますよね。
今回はその中でも代表的なパターンをいくつかご紹介します。
何事も最初に基本を知ってからアレンジをします。想像力を掻き立て自分独自の模様を表現してみましょう。

珪藻土で一番ベーシックな模様!塗りっぱなし

コテを動かした軌跡がそのまま仕上がりの模様になるのがこの「塗りっぱなしパターン」です。
自分で塗る時もほとんどの人が無意識にこの模様になり、
珪藻土は元々の質感が高級なため、誰が塗ってもそれなりに魅せることができちゃいます。
一番効率がいい模様もこの模様ですね。

 

スパニッシュ模様で珪藻土を塗っている!感を表現。

珪藻土といえばこの[スパニッシュ仕上げ]というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
街中のお店などで見かける珪藻土もこの模様で塗っていることが多いですよね。
こちらも

こちらも雰囲気は違いますが、スパニッシュ系統の塗り方でナチュラルなスパニッシュ仕上げになっています。

 

(木鏝引きづり仕上げ)和食屋さんなどでよく見かけます。

 

(櫛引仕上げ)エクステリアでよく見かけます。こちらも和なテイストにできます。

 

(ノスタルジック模様)インダストリアルなデザインによく合うのがこのノスタルジック模様です。

 

 

 

珪藻土のパターン出しの裏技!専用の道具を使った塗り方

模様だしには専用の道具を使う方法があります。
プロと同じ道具を使えば同じ模様をDIYで再現することができちゃいますよ。
(ランダム模様が出せる鏝)
(櫛引模様ができる鏝)
(簡単に模様ができる木鏝)
左官職人さんは表現したいパターンによって、これら数多くの種類の道具を持っているのが特徴で、
依頼された仕事に合わせてチョイスしています。
いわく「いい道具がないといい仕事できねえよ(笑)!」その通りです。
DIYで塗る時も自分の塗りたい模様に合わせて道具を使ってみるのはいかがでしょうか?
珪藻土の模様入れは意外と簡単にできますよ。

新築?orリフォーム?工事で違う珪藻土塗り方の工程

 あなたが珪藻土を塗るのは、新築かリフォームのどちらのパターンでしょうか?
 リノベーションで珪藻土を塗るのは今までの家のイメージをガラッと変えることができるのが長所。
 居抜きのお店に入居する方も既存の壁に塗るだけで見違えるように雰囲気が変わるため、
珪藻土を塗ってリニューアルするのはとても人気ですよ!

新築で珪藻土を塗る

 新築で珪藻土を塗るのはリノベーションと同じく工期(スケジュール)が決まっているのが特徴です。
一生に一回の家づくりなので、もし珪藻土が気になっているのであれば後々まで後悔のない家にしましょう。
DIYで塗る方は、工期を気にしすぎてあきらめてしまいそうになります。
なので、
新築の家に珪藻土を塗る方法は、工期中に塗るか、引き渡し後に塗るか?の2択になります。
引き渡し後だとマイペースで塗ることができ、工期中だと時間に迫られながら塗るので事前に計画することが大切です。

 

 

DIYではなく専門業者へ任せたい方のためにこちらに情報をまとめました。

リフォームだからこその珪藻土の使い方

リフォームには珪藻土が必要だからやる!というパターンがほとんどです。
・以前に住んでいた臭いがある。

・壁がみがボロボロなので珪藻土で綺麗にしたい。

リフォームだと、このようなパターンで珪藻土を塗られます。

中古の家なのでDIYにもチャレンジしやすいかも?という気持ちにみなさんなるようですね。

 

住みながらだからできる!珪藻土塗りはマイペース派

住みながらでは工期に縛られず自由にできるのがいいところです。
珪藻土を塗っている最中にキッチンやトイレなど生活スペースが使えることもいいですね。
塗っていて疲れたら寝たりお風呂に入ったり飲食することに心配しなくていいのが長所です。
欠点は完成までの時間と家具を動かしたりの労力が一番かかることです。
テンションが長続きしない方には向きません・・・。
あなたはどんな工事で珪藻土を塗りますか?

珪藻土の塗り方をまとめました。

 アイテム、道具を正しい知識で選ぶ

珪藻土はコテ(鏝)といわれる道具を使用して塗っていきます。
 当たり前ですが、珪藻土の特性にあったコテを使用すると塗りやすいのです。
 コテにもいろんな種類があります。
珪藻土を塗る前に試し塗りができればちょうどいいのですが、
 中々難しいですよね。
 ネット上にもいろんな口コミはありますが、塗り人の身長、骨格、筋力、柔軟性と壁塗りの経験値によって使いやすい道具は変わってしまいます。
 コテ選びは相談できる専門家に聞くのが良いでしょう。
珪藻土塗りにはコテ以外もいろんな道具が必要になります。

 鏝(コテ)の取り扱い方法を知る

 コテの種類にはステンレス、鋼(ハガネ)、プラスチック製、木製までいろんな材質があります。
 ・プラスチック製は落とすと割れて使えなくなるので注意が必要です。
 ・ステンレスだと薄く曲がりやすい。
 ・鋼だと錆びやすい。また硬すぎて塗りにくい。
 ・木製だとしならないので塗りにくい。
といったデメリットに注意して取り扱いましょう。そうすると道具は答えてくれます。
    もちろん鏝は塗る材料に合わせた材質(ステンレス、鋼、プラスチック)がポイントです。

珪藻土は4ステップで塗る!

1、珪藻土を撹拌する

2、盛り板に載せる

コテにすくう

(※最初のうちはすくうのが一番難しいです。)

塗る!

あまり知られていませんが、コツを掴めば壁よりも天井の方が簡単ですよね。
リズミカルに1、2、3、4と進み塗りましょう。
地球には重力があります。モタモタしていると落としちゃいますよ。
初めて自転車に乗るのと同じで最初は難しいと感じるかもしれませんが、
慣れてくるとどんどん塗りたく癖になるのが珪藻土塗りの楽しさですね。
しかし、腕だけで塗っていると人間はすぐ疲れてしまいます。
珪藻土塗りは体を大きく動かすことがポイントです。
そう、スポーツと一緒ですね!
大胆に塗って、あなただけのパターンで美しい珪藻土壁を手に入れましょう。

珪藻土の塗り方を習うには

珪藻土を塗るのを失敗した場合、塗り直しするのは至難の技です。
いきなり珪藻土を塗る自信がなかったら、DIYの専門家から習う方法もありますよ。
家一軒まるごと塗り壁DIY教室