専門用語

自然素材 漆喰で内装した場合の費用と相場、安くする方法とは?

室内の壁を漆喰にしたい!素敵な漆喰の家に住みたい!

でも、内装に塗るとどのくらいの費用がかかるものなのか?

今回は自然素材の漆喰を製造、販売、施工しているロハスウォールが、

漆喰の施工やDIYする時に価格を調べるときのポイントを紹介していきます。

ロハスウォールの漆喰はコチラで確認できます。

 

内装に漆喰を塗った施工例

自然素材 漆喰で壁の内装をした場合の費用と相場について

自然素材 漆喰を使った内装費用

自然素材 漆喰の平米単価は8,000円/㎡が相場となっています。

例えば6畳(11㎡)の部屋に自然素材 漆喰で塗った際は、塗る面積は床面積の3倍でおおよその計算ができるため、

6畳(11㎡)× 3倍 = 33㎡(塗る面積)

となります。これに平米単価を掛けると内装費用が計算できるので

33㎡(塗る面積) × 8,000円/㎡(自然素材 漆喰の平米単価)= 約26万円(内容費用)

上の計算から、内装費用は約26万円となります。

漆喰のリフォームの内装費用は計算式から分かるように、塗る面積に比例して費用が高くなりますが、実際は壁の下地の状態や仕上げ模様などによっても内装費用は変動します。

そのため、おおよその内装費用の計算方法として

塗る面積 × 8,000円/㎡(自然素材 漆喰の平米単価)= 内装費用

で内装費用が計算することができます。

また、DIYであればこの施工費用の1/3ほどの費用になるため、約9万円が自然素材 漆喰でのDIYの内装費用となります。

自然素材 漆喰でリビング・ダイニング、トイレ、玄関、寝室を塗った費用

ここでは自然素材 漆喰での内装費用に関して、施工事例を元に業者リフォームとDIYの費用を解説します。

自然素材 漆喰でリビング・ダイニングを塗った場合の内装費用

費用 約30万円(DIYにて施工)
広さ 24畳(壁と天井合わせて約120平米)
築年数 20年
備考 木造一戸建て

DIYでは一般的に材料費のみでできるとされていますが、

実際に塗るためには漆喰の材料以外にもコテなど自然素材の漆喰専用の道具をはじめ、天井が塗りやすくなる脚立やブルーシート、マスキングテープなど道具などの備品や消耗品が必要になります。

それらが含まれた費用になっています。

自然素材 漆喰リフォームでトイレを塗った場合の内装費用

費用 約72,000円(業者リフォーム)
広さ 9平米(壁と天井合わせた面積)
築年数 3年
備考 プロの職人が塗りましたが、他の部屋と合わせて塗っているのでトイレだけ塗ると割高になることが多いです。

こちらプロの職人が塗ったトイレです。トイレは狭いため簡単にできるだろうとDIY初心者が試しがちですが実は壁に当たったり、便器が接近していて難しいということが塗りはじめてから分かるという罠に陥りやすいのです。

そのような難易度の高いトイレはプロの職人に任せるというパターンが多いですね。

自然素材 漆喰リフォームで玄関と廊下を塗った場合の内装費用

費用 約35,000円(DIY)
広さ 12平米(壁と天井合わせて)
築年数 新築一戸建て
備考 新築工期中に塗りました。

来客者はもちろん、住んでいる家族は毎日誰もが玄関と廊下は通ります。

そのような空間に漆喰を塗ると見た目はもちろん、消臭効果や抗菌効果、防カビ効果、調湿作用があるため普通の家での暮らしよりも一段階も二段階も上の暮らしを実感できるので満足感が高くコスパも良いお部屋です。

自然素材 漆喰リフォームで寝室を塗った内装費用

ここでは寝室の6畳部屋と8畳部屋、12畳部屋の3つの自然素材 漆喰リフォームでの施工例について紹介します。

6畳寝室の自然素材 漆喰の施工例

費用 約8万円(DIY)
広さ 6畳(壁と天井合わせて約30平米)
築年数 15年
備考 マンションリノベーション

よくある寝室では6畳〜8畳部屋が多いのではないでしょうか?寝室はベットを動かすことさえできればDIYでは比較的はじめやすいサイズなのでおすすめです。

また、寝室に漆喰を塗ると自然素材の効果で鼻炎などのアレルギーが解消したという声もよく聞きますよ。

8畳寝室の自然素材 漆喰の施工例

費用 業者リフォーム

360,000

広さ 8畳
築年数
備考
費用 約36万円
広さ 約35平米(壁と天井)
築年数 60年
備考 フルリノベーション時に職人が施工

安眠効果を得られるのは、壁と天井を塗ることは言うまでもありません。8畳部屋ともなるとある程度家具との隙間もあり天井が開けて見やすいので、一体化した空間は快適そのものです。

12畳寝室の自然素材 漆喰の施工例

費用 約15万円(DIY)
広さ 約60平米(壁と天井)
築年数 20年
備考 中古戸建てを購入時にDIYにて漆喰を施工

12畳の広さとなると、ベッドスペースだけではなく、ソファーやデスクもおくことができますね。

寝室は特有の湿気や匂いがこもりやすいですが、漆喰を塗ることでそれらが解消されるため12畳くらいの空間になると漆喰を塗った方が寝心地がよく安眠効果も得られます。

漆喰の費用を簡単に安くする方法

DIYに限らず、安くする方法は単純に「塗る面積を少なくする。」のが一般的です。

しかしその反面で漆喰の効果も失われてしまう。

 

参考までにロハスウォールで一番安く漆喰を手にする方法は

チューブタイプを1本だけ買うことです。

税込で1,620円で1本購入できます。

約0.5平方メートル塗れちゃいますよ。

 

一番高い漆喰は

タンクタイプ高級カキ漆喰18kg1箱で

税込22,680円です。

10kg1箱だと

税込13,824円ですね。

 

18kg1箱では最大約15平米ほど塗れます。

10kg1箱では最大約7平米ほど塗れます。

 

これで分かる通り、

塗る面積を小さくすればするほど使用量が少ないため金額は安くなります。

 

しかし、漆喰を塗る面積が少ないと言うことは

・消臭効果

・防カビ効果

・湿度調整効果

・ホルムアルデヒド分解効果

と言う自然素材の漆喰ならではの効果が無くなってしまいます。

 

施工をお願いする場合は面積が小さいと逆に割高になってしまうので、

費用対効果を考えてみましょう。

漆喰の効果を考えると壁と同時に天井を塗るのは非常によい考えです。

湿気やニオイは上昇していくので天井に

 

・消臭効果

・防カビ効果

・湿度調整効果

・ホルムアルデヒド分解効果

 

のある漆喰を塗っておくのは効果的な使い方です。

 

通販で漆喰を購入する場合の注意点

 

インターネット通販で漆喰を購入する場合のメリットは

 

・決済方法が「クレジットカード、後払い」などが使えること。

・家に直接漆喰が届くこと。

 

とても便利な世の中ですね^^

 

欠点は、

・何をどう揃えたら良いか?

・なぜそれらが必要なのか?

建築に関する事前知識を自分で持っていないとよく分からない。

素人目線での判断がつきにくいということ。

 

(誤解をしやすいです)

 

これだとどう漆喰の施工を考えたら良いか、困りますよね・・・

分からないことはキチンと自分でクリアにしておかなければいけません。

 

漆喰壁が当たり前だった時代とは違って、

最近では漆喰に関する知識は一般社会に失われてしまったため、

ネットの情報を鵜呑みにしてしまうことになりやすいです。

 

業者に施工をお願いする場合ではさらに複雑になります・・・

そこで出てくるのが見積書の必要性です。

漆喰DIYの見積りから分かる注意点

何かを購入する場合「見積り書」というものを作成してもらいますよね?

見積書とは合計金額・必要量・納期日・詳細(商品点数)など

前もって概算して書面に記載したものです。

この見積書は漆喰の材料のみを購入する場合でも作れます。

 

 

以下は8畳部屋の壁と天井をDIYで漆喰を塗った場合のお見積書です。

 

 

見積書で注意して見て欲しいのは、必要なのは漆喰だけではないということ。

よくあるのはDIYだと安く上げるために道具を揃えないという失敗。

塗りだしてから自分に跳ね返ってくるので体感で分かります。

安全に塗るためには養生テープやコテなどの道具、

手が届かないところを塗るための脚立も必要です。

 

DIYでは道具を見落としがちなので、漆喰以外に必要な物を揃えないと作業を進めることができません。

初めてだと勝手が分からないですが予め時間をかけて調べておくことが大切です。

 

 

もちろん、業者に漆喰を施工してもらう場合では自分で揃えるものはありません。

 

 

施工を頼みたい場合は専門店がオススメ

ここまで漆喰の価格を判断する方法についてお伝えしてきました。

漆喰壁にしたい!となっても、

建築の専門用語や通例は一般人にはよくわからず、

値段や相場、工事クオリティの見分け方まで、

よく分からないのが一般的です。

 

また、金額だけでの判断は

「漆喰の素材の違いが分からない」という罠に

陥りやすいので気をつけましょう。

オレンジジュースで例えると「生搾りの果汁100%」と「濃縮還元ジュース」で

味の濃さや品質が違うように

漆喰にもメーカーによって「質」に違いがあります。

 

漆喰について詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

漆喰とは何か?基礎知識とメリット・デメリットのまとめ最近では、漆喰の効果がだんだん知られてきて人気が再燃しています。 人気の漆喰ですが、メリットだけあるはずがない、と思っている方も多...

 

お肉で例えると、焼き方(ステーキハウスで焼くのか、キャンプの焚き火で焼くのか?ホットプレートで焼くのか?)で味の違いが出るように、

漆喰も塗り手によって味わいが変わります。

 

なので、職人さんに塗ってもらうのであれば

素材選びはもちろん、施工業者選び(職人)も大切ですよ。

 

ロハスウォールでは自社製品である漆喰の施工も受付しています。

ロハスウォールの特徴を掴んでいる職人が施工をするので、

仕上がりもロハスウォールの良さを引き出せます。

面積と下地を教えていただければザックリしたお見積もりを作成できるので

ご興味あれば以下のボタンをクリックしてください。

 

内装漆喰の見積依頼はこちら

 

 

ロハスウォールのLINEに登録していただくと、

  • 家づくり、リフォームに役立つ漆喰・珪藻土の塗り方動画
  • LINE登録者限定で閲覧できる施工事例
  • お手軽なLINE経由でのお問い合わせ
  • 通販、塗り壁教室で使えるクーポン券

をご覧いただけます。

 

無料のカラーサンプルも配布中です。

友だち追加

 

 

LINE友達登録でお得情報をもらおう!

ロハスウォールでは、次のような相談を無料でLINEを使って回答しています。

  • 珪藻土を使ったリフォームと新築の施工について
  • 漆喰でリフォームや新築の施工について
  • 漆喰や珪藻土のDIYについて
  • その他、漆喰や珪藻土の卸売について(業者様のみ)

をご覧いただけます。

よろしければ“無料“で、売り込みは一切ナシで対応しますので、お気軽に登録してご相談ください。

 

関連記事