スマートフォン版はこちら

狭い壁面(スイッチ、コンセント周りなど)が塗りやすいコテはコチラ!!
ミニコテ 120mm

コテが入らない壁はどうやってキレイに塗ったらいいの?よく質問されます。
そのような入らない、細かく狭い場所を効率的に塗るコテです。壁は広い面だけ
ではありません。狭い場所をキレイに塗るために、このコテはよく使います。

1丁 1,728円(税込)

使い方動画

この先が丸いタイプは、漆喰が引っかかりにくく、コテ跡を残さないため使いやすいです。小さく、小学生低学年以下の子供さんたちでもムリなく扱える大きさなので、一緒に塗るときにもオススメです。

もちろんステンレス製なので、洗って乾かすだけなので扱いも簡単です。鉄製だと毎日磨いて手入れしなけばサビてしまい、DIYでは扱いが面倒です。プラスチックなどのしなりにくい、固いコテを使うと塗りながら力が入ってしまい、せっかく塗った漆喰を削りがちです。

簡単に、キレイに塗るためには、コテの選び方が一番重要です。その場面に合った良いコテを使って、効率良く塗り進めましょう!

  • コンセント周り、狭い場所を塗るのに効率的な大きさ。
  • 先が丸くなっているのでコテ跡を残しにくい。
  • 小さな子供が塗るときにも使いやすい。
  • おしりの部分が角になっているので角(かど)が塗りやすい。
  • 錆びにくいステンレス製。
  • ほどよい“しなり”で漆喰の厚みを調整しやすい。

チューブタイプ、タンクタイプ問わず、実際の場面で使う機会が多いため、1丁は
用意して備えておくのがおすすめです。

関連商品