施工事例

ロハスウォ?ル本格漆喰で
自然素材100%の家ができました。

岡山県:松山邸
施工方法:メーカー施工 施工期間:4日間 施工面積:102㎡
使用量:アイボリー タンクタイプ本格漆喰 24kg×5箱  専用下塗り材12kg×6箱

外観はログハウス、玄関に入るとスマートな印象にガラッと変わります。このままシンプルなも良し、タペストリーや絵を飾ってもステキですね♪。

ランプ系の照明も取り付け可能。木だけだと濃い印象になりがちなログハウスに漆喰を組み合わせて、インテリアもシンプルにカッコよく。

表面はほぼ平らなフラット。人の手で塗った平面は機械的でないので味わいもあります。

人が目に見える範囲に、木が何割見えているとリラックスできるかご存知でしょうか?
答えは4割。これは、木の専門、材木屋さんの知り合いから聞いたお話しです。

ログハウスでは、天井、壁、床が木ばかりの内装であるためポイント的に木以外の何か別の素材が欲しくなるそうです。そんなこともあって、無垢の木で建てるログハウスには、漆喰を塗ろうと思った松山さん。

最初は自分で塗る気がマンマンだったのですが、家を建てはじめると、思っていたよりも工期が短く限られてしまいました。
「う~ん、本当は自分で塗りたいけど間に合わない!」と判断し、メーカープロ施工を依頼という手段に急きょ変更することに!

メーカープロ施工でオーダーいただいた仕上げは、
アイボリーを使ったあまりコテ跡が目立たない仕上げ

ログの木に漆喰壁を組み合わせて、仕上げのパターンはスッキリと。グッとスマートでリラックスしたインテリアの雰囲気を味わう空間に仕上がりました。ログにピッタリの薪ストーブも漆喰の壁でさらに高級感が出ています。

ロハスウォールからのメッセージ

素晴らしいログハウスが出来上がりましたね!
最近は、ログハウスと漆喰を組み合わせる方が増えています。やはりシックな漆喰独特の質感でログの雰囲気を最大限に生かせるからでしょう。

ログでは木の収縮などがあるため塗りを心配する方もいらっしゃいますが、せっかくの木の雰囲気、高級感を壊したくないですよね。逆にビニールクロスのように不自然な切れ間がでないのが漆喰の良い所です。
薪ストーブや棚などを跡で取り付ける際にできた傷や穴も、漆喰なら自分で補修も可能!

松山さんも完成後に業者さんが作ってしまった穴を見つけましたが、ご自分で直すと言ってチューブタイプの漆喰を1本買いにいらっしゃいました。やっぱりちょっとご自分で塗ってみたかったんですね♪。