施工例

プロジェクタースクリーン用の壁紙には漆喰壁の方が発色がよい

プロジェクターは大迫力で投影できるので会社用から家庭用まで人気です。

近年はスマホと連動させて動画をみたりするのでプロジェクターは便利なんですよね。

プロジェクターの機械は色々出回っていますが、

プロジェクターを導入する際に悩むのが(画面のほう)をどうするか?

が悩みどころです。

 

 

安いのはなんといっても自立タイプのスクリーン

スクリーンには「自立タイプ」や「壁掛けタイプ」などありますが、

お手軽で安いのは自立タイプです。

移動もできるので持ち運びも簡単ですね。

しかし、今回は固定式のもので考えます。

 

 

インテリアとしてオシャレなプロジェクタースクリーン

プロジェクターを備え付けしようと思うと、

デザイン的には「元々インテリアに組み込まれているタイプ」が

オシャレなのではないでしょうか?

「自立タイプ」や「壁掛けタイプ」などの普通のスクリーンでは、

開くのも一手間必要で面倒でもあります。

 

そんなとき壁紙がスクリーンを代用できればと思いますよね。

ホームシアターとして代用できる漆喰壁

 

個人的にはプロジェクタースクリーンとして大切なのは「便利な使い勝手」と「発色」だと思います。

大迫力で楽しみたいのに発色がショボいと勿体無いですよね。

 

そこで自然素材の漆喰壁をイチオシしたいです。

 

漆喰リノベーションの費用例6
漆喰とは何なのか?用途、施工実例、メリット・デメリットについて漆喰とは「快適な湿度に室内を調整したり」「空気中のウイルスを殺菌してくれる」といった性能を持ち、耐久性にも優れた壁材です。 最近で...

 

漆喰壁はプロジェクターを投影すると発色がよいので映像の迫力が増しますね!

 

普通のスクリーンでもピンからキリまでで価格帯はバラバラですが、

漆喰壁だと普段の壁そのままにプロジェクターを投影できますし、

大きさに限りがないので大迫力でホームシアターを楽しめます!

 

同じ白色の壁でも漆喰壁は発色が良いので、プロジェクターの性能が格段に上がった感じになります。

 

ホームシアターの場合はプロジェクターは天井に固定する方法が場所を取らないので便利ですよ。

 

備え付けスクリーンのまとめ

普段何も無い壁が実はスクリーン(プロジェクターの画面)だった!というのが

ホームシアターとしてもオシャレではないでしょうか?

また、漆喰壁には湿度調整、抗菌性、防カビ性、消臭効果、不燃性などありますので

一石二鳥、いや一石五鳥の費用対効果ですよね♪

 

漆喰のサンプルは無料でこちら手に入ります。

 

LINE友達登録でお得情報をもらおう!

ロハスウォールでは、次のような相談を無料でLINEを使って回答しています。

  • 珪藻土を使ったリフォームと新築の施工について
  • 漆喰でリフォームや新築の施工について
  • 漆喰や珪藻土のDIYについて
  • その他、漆喰や珪藻土の卸売について(業者様のみ)

をご覧いただけます。

よろしければ“無料“で、売り込みは一切ナシで対応しますので、お気軽に登録してご相談ください。

 

関連記事