和室

『和室の内装リフォーム(天井も)は漆喰で解決!!(壁紙・クロス交換よりも○○?)見積もり費用と単価の相場は?施工例もご紹介!』

みなさん「和室」は好きですか?

最近は戸建、マンションに関わらず、

新築では、「和室」はごく一部であり、無いところも多いです。

ただ、リフォームの物件ではまだまだ「和室」が残っており、

みなさん「和室」の扱いに困ることも多いようですね。

 

そんな「和室」を有効活用するため、

「和室」のは内装のリフォームについてお話させていただきます。

 

気になるリフォーム金額の相場や費用、いろいろなパターンや状況を踏まえ、

「自分の家ではどのくらいなのかな?」

と、想像しながらこちらのブログを読んでいただければと思います!!

和室の内装リフォーム

和室といえば「真壁」です。

「真壁」とは、

木の柱が見え、壁面を囲んでいる、日本の家では一般的な壁です。

砂のような、土のような壁のお部屋が今までは一般的でした。

そういった「真壁」のお部屋でのお悩み・・それは、

 

1)砂、土のようなものがポロポロと落ちて掃除が大変!!

2)剥がれてきて汚くなってしまった!!

3)カビ??ところどころに黒いポツポツが!!

4)ペットがガリガリしちゃう!!

5)洋室に変えたい!!

 

と様々なものがあります。

 

そういった多くの悩みは、

壁・天井をリフォームすることで解決することが有効だと言われています。

というのも、

昔から和室で良く使われていた素材、壁の表面を覆う壁材は、

「砂壁」「綿壁」「聚楽壁」など、砂や土系の素材で、

柔らかく、脆く、水分を吸い込みやすいものです。

そういった素材は、

砂や土がポロポロ落ちたり、カビやシミが出てくるといった可能性が高く、

最近は、新築であれ、リフォームであれ、別の素材にする方が増えています。

 

和室をリフォームする際には2つの選択肢があります。

 

1 和室のままリフォーム

2 洋室に変えてリフォーム

 

です。

単純に考えると、和室のままのリフォームは、

上記1)〜5)の理由であるとすれば、

「壁(天井)だけを変えるだけ」で解決するので費用は明確です。

ただ、和室でも洋室でも、

リフォームの箇所や範囲によって費用が上下するため、

どちらが高くなる、安くなる、とは簡単には断言できません。

 

前述のリフォーム理由から、

「壁」は変えることは必然となりますが、

それ以外のリフォームの範囲、

 

・「畳」「床」を変えるかどうか?

・「天井」はどうするか?

 

こちらが費用の金額を左右することになります。

 

「床も天井もリフォームしたいのに・・やっばり高いのか・・」

そう思いましたよね?

いえいえ、まだ費用を抑える方法は・・あります。

 

「DIY(Do it yourself)!!!」

 

そう、自分でできるとこは自分でやっちゃう。

そうすれば、プロの職人さんに施工してもらうよりも安いです!!

 

「素人では無理でしょ!?」

 

と思ってしまうのも無理はありません・・やり方を知らないのですから。

じゃあ、やり方を知ってしまえば?

案外できることも多いのが家いじり!!!

要は、やり方を知るか、知らないか?

全部は無理かもしれませんが、

「自分でできることだけやる」

それだけで自分にご褒美を買ってあげられるくらいの金額は浮かすことができます。

 

では、具体的に、

どういった作業をするのか、下記にて説明いたします!!

 

和室→和室へ

 

築年数が10年を超えてくると、

以前の砂壁がボロボロと剥がれたり、カビ・シミが出てくることがあります。

 

「和室」ままで良いのだけど・・・

 

・汚い壁をとにかく綺麗にしたい

・湿気があり、カビが生えるのでどうにかしたい

・中古物件で前に住んでいた方の臭い、そのままの見た目が気になる

・掃除が大変なのでポロポロ落ちない壁にしたい

 

という場合、優先順位と費用は、6畳部屋で

1)「壁」の張替え (8万円〜13万円)

「壁」の塗り替え(20万円〜30万円)

2)「畳」の張替え(6万円〜10万円)

3)「天井」の塗り替え(3万〜7万円)

です。

1)壁 2)畳 3)天井 を全て変更する場合、

施工を頼むと、

 

和室→洋室へ

 

6畳部屋の「和室」を「洋室」に変更する場合、

まずは「畳」を「フローリング」に変更します。

こちらの費用は、10万円から20万円くらいです。

合板フローリングや天然無垢材など、素材によって金額は変わります。

 

砂、土系の壁材は使わないため、

「普通ならビニールクロスになるんじゃないの?」

そう思いますよね?

ただ、和室の内装は、もとの下地となる壁は、砂や土系の素材が多いです。

そういった壁にビニールクロスを貼ろうとすると、

その壁のままでは施工ができません。

 

・柱を隠すように上からベニヤを貼る

 

と、下地を作らなければいけない・・・。

 

 

和室→子供部屋へ

 

お子さんが大きくなると、お部屋を欲しがるようになりますよね。

すでに使っているお部屋を譲ってあげることができない場合、

「和室」の使っていないお部屋を「子供部屋」に変えるお話もよくお聞きします。

 

お子様がよろしければ、「和室」のままでも良いですが、

掃除のしやすさ、お子様の好みなどを考えると、

「洋室」を好まれることも多いのですが、下記にご紹介するケースは、

あまり費用をかけず、お子様も大満足の施工例です。

一つの案として、ご参考いただければと思います。

施工例ご紹介

 

「和室」から子供部屋へ(岡山県・○原様)

 

 

 

リフォームしたい箇所は?

 

 

壁をリフォームする

クロスを交換する

 

 

漆喰を塗る

 

 

天井をリフォームする

 

 

クロスを交換する

 

 

 

漆喰を塗る

 

 

 

押入れをリフォームする

押入れをクローゼットにする

「押入れ」を「クローゼット」にするには、

棚を

 

漆喰をオススメする理由

漆喰は、「和」「洋」のどちらにも合う素材です。

 

 

 

漆喰DIYに挑戦!

塗り壁DIY教室のご案内

 

上記までのお話で、

「じゃあ壁だけでも自分でDIYしよう!」と思ったら、

まずはこちらの教室をお勧めします。

 

 

パッケージ商品のご紹介

 

「和室」の壁だけを塗り変えるなら・・こちらがオススメ!!

6畳の砂・土系のお部屋の塗り替えの道具や材料が全てパックになって登場!!

漆喰・珪藻土どちらのセットもお得に塗れます。

 

漆喰【6畳部屋パッケージ:砂(土)壁下地用】

 

珪藻土【6畳部屋パッケージ:砂(土)壁下地用】

 

 

サンプルのご注文

 

 

 

 

 

 

 

家一軒まるごと塗り壁DIY教室