ロハスウォールからのお知らせ

「フレスコ画と漆喰」特別公演(新見公立大学主催)に参加して聴きました。

新見公立大学による地域活性化活動「鳴滝塾」にて「フレスコ画と漆喰」について講演の依頼があり、フレスコ画アーティストでありロハスウォールの人気講師でもある

道綱先生が講師としてお話ししてきました。

ロハスウォールの漆喰や珪藻土も新見産の原料を使っているのですよ。新見市は岡山県の北部にあり古くから石灰の名産地なのです。

鍾乳洞や最近ではワインで有名になってきた地域です。

列席者には新見市長の池田一二三市長、新見大学学長の公文裕己博士、JR西日本新見駅駅長の山田修司駅長をはじめ、

地域の主要なメンバーの方々に傍聴いただきました。

フレスコ画の由来と技法の進化からお話。

質疑応答もさせていただきました。地域の活性化になる意見も寄せられて有意義な時間です。

このような活動があるのは心強いですよね。

最後、道綱講師、新見大学学長の公文裕己博士、弊社社長の辻と。

今回はアート活動における漆喰をお話させていただきました。

 

続いてフレスコ画体験もどうぞ

 

 

家一軒まるごと塗り壁DIY教室