専門用語

ロハスウォール専門用語

一般の方には分かりにくい専門用語。

自分で理解することで上達はまちがいなし!!

 

下地

専用下塗り材や漆喰、珪藻土などを塗る下地のこと。

(石膏ボード・壁クロス・ベニアetc・・・をいいます。)

 

専用下塗り材

ロハスウォールの漆喰、珪藻土を塗りやすくするための

【100%自然素材でできた下塗り材】です。

陥没部分や段差調整にも使用します。

壁全体に塗ることで仕上げが伸びるため、仕上げ材を使う量が減りお得になりますね。

 

漆喰

消石灰を主原料とする日本古来からある塗り壁材です。

海外では紀元前4000年のメソポタミア文明の遺跡からも発見されています。

ロハスウォールの漆喰は100%自然素材。

 

珪藻土

珪藻の殻の化石による堆積物。

漆喰よりも湿気を多く吸う効果が高く独特の雰囲気が出る。

 

ロハスウォール

自然素材100%の壁材シリーズ。

 

DIY

Do It Yourself(ドゥイットユアセルフ)の略で

『自分自身でやろう』の意味。

第二次大戦の復興時にロンドン(UK)で生まれたきた言葉です。

 

養生

塗る部分以外の柱や床などに余分な塗り材が付着しないように

養生テープなどで保護すること。

剥がすと塗っていない部分が出てくるので塗った部分、

塗っていない部分との境目に直線が出て

完成した壁がキレイに見える効果があります。

 

コテ(鏝)

塗り材を壁に塗り伸ばす道具。

いろんな種類のコテを使うことでより完成度が高まります。

 

盛り板

塗る際に一時的に材料を載せてておくための板。

ロハスウォールではアクを防ぐためプラスチック製のものを使用します。

 

アク

ビニールクロス、ベニアなどの下地から

塗った表面へと浮き出て仕上げが変色してしまうシミ。

 

タッカー

ホッチキスの針がU型で出てくるもの。

ビニールクロスやファイバーテープなどを針で打ち込んで固定する道具。

 

ファイバーテープ

メッシュ形状になったテープ。

石膏ボードなどの継目に割れ防止目的で貼りつける。

 

シーラー

下地のアク止めや、専用下塗り材を直接塗れない下地への対策に使います。

効果を発揮させる為に2度塗り以上を推奨。

※残念ながら自然素材ではありません。

 

デブリ

塗っていると周囲の埃や小石などを巻き込んでしまうことがあります。

巻き込まれたものの総称。

 

アンジュレーション

壁や天井は平行に設置されていないことがあります。その起伏やうねりのこと。

 

ロハスウォールインストラクター派遣制度

DIYで塗る方をお手伝いする制度。

現場で塗り方を直接指導したり、実際に塗ってお手伝いします。

LINE友達登録でお得情報をもらおう!

ロハスウォールでは、次のような相談を無料でLINEを使って回答しています。

  • 珪藻土を使ったリフォームと新築の施工について
  • 漆喰でリフォームや新築の施工について
  • 漆喰や珪藻土のDIYについて
  • その他、漆喰や珪藻土の卸売について(業者様のみ)

をご覧いただけます。

よろしければ“無料“で、売り込みは一切ナシで対応しますので、お気軽に登録してご相談ください。